2018年8月22日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

電動車、海外変電に重点/明電舎「中期経営計画2020」

2018/05/29  4面 

◆リスク高い事業へ挑戦/投資は計500億円予定
 明電舎は今月、2018年度から3年間の中期経営計画「中期経営計画2020」を発表した。テーマは「飛躍に向けた『力強いステップ』」。車の電動化対応や変電機器事業の海外展開に経営資源を重点的に投入することが肝だ。設備投資と成長投資は3年間で計500億円を予定。旧中計期間中の1.5倍以上に相当する。財務体質を痛めないようにしながら投資を積み増し、21年度以降にその成果を花開かせたい考えだ。
 「電気自動車(EV)と海外の変電。この成長事業に重点的に投資するのが3カ年のミッション」。新中計を発表した14日に、次期社長に内定した三井田健副社長はそう強調した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事