2018年6月20日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

地域

新発売「いちごカレー」が好評/中電工グループのベリーネ

2018/05/28  5面 

今月から販売を開始した「いちごカレー」。フォンドボーベースのカレーにイチゴのペーストを混ぜ合わせた
今月から販売を開始した「いちごカレー」。フォンドボーベースのカレーにイチゴのペーストを混ぜ合わせた
◆農園の作物活用、新商品で活性化
 甘いイチゴとコクの深いカレー――。一見縁のなさそうな食べ物を組み合わせた新商品「いちごカレー」が今月2日に発売された。販売するのは中電工グループで観光農園を運営するベリーネ(島根県浜田市、能美真也社長)だ。地元の食品会社と共同開発した逸品は、農園で採れたイチゴをふんだんに活用したもの。新たな名物としてPRする方針だ。将来はふるさと納税の返礼品に用いてもらうなど、地域活性化にも貢献したい考えだ。
 ベリーネの農園「きんた農園ベリーネ」(浜田市)は1月から5月までイチゴ狩り、8月から10月まではブドウ狩りを楽しめる。島根県内の観光農園としては最大規模で、県内外から多くの観光客を集めている。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事