2018年6月20日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

住友電工が中期経営計画、売上高3.6兆円目標に/環境エネ分野も注力

2018/05/28  4面 

環境エネルギー分野を成長させていく意欲を見せた井上社長
環境エネルギー分野を成長させていく意欲を見せた井上社長
 住友電気工業は25日、2022年度までの新たな中期経営計画を策定したと発表した。22年度に売上高3兆6千億円、営業利益2300億円を目指す。同社の業績を牽引するワイヤーハーネスなど自動車向け事業に加え、電力ケーブルなどからなる環境エネルギー分野も伸ばしてバランスの取れた事業構成とする。環境エネルギー分野の22年度営業利益目標は460億円。20年度の中間目標として売上高3兆4千億円、営業利益2千億円と設定した。
 同日都内で会見した井上治社長は、カーシェアリングが広がって自動車の生産量が落ちるなど長い目で見れば自動車業界が変化していく可能性を指摘。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事