2018年6月19日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

送電線点検、ドローン活用の課題探る/経産省が研究会

2018/05/24  1面 

◆制度・技術の両面で検討
 経済産業省は、架空送電線の点検にドローンを活用する際の業界大の共通課題を探り、制度面や技術面での解決策について検討を始める。今月から電力会社や施工会社、ドローン業界の関係者を集めた研究会を開き、現状と課題を把握した上で、今年度中に課題の整理や施策の方向性をまとめる。目視外飛行など規制面での課題は他省とも連携。バッテリー寿命など技術的課題は、参加者間のマッチングを通じて新たな技術開発につなげたい考えだ。
 送電線点検は通常、現地で目視かヘリコプターを使って行う。電力業界では、高経年化設備の増加と担い手の減少が懸念される中、点検業務の生産性向上に向けてドローン活用を模索する動きがある。特に、山間部の送電線点検は人的負担が大きく、活用に期待がかかる。個社で別々に研究開発が行われているため、国で電気保安の観点から業界に共通した課題を洗い出し、解決策を検討することにした。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事