2018年8月22日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

エネルギー/市場

「燃料安定調達、低品位炭がカギ」/石炭マーケット研究会が報告書

2018/05/24  3面 

◆燃料費調整に課題も
 経済産業省・資源エネルギー庁は、一般炭の柔軟な調達に向けて課題を整理した。高品位炭は新興国の需要が高まり、価格が上昇傾向にある。低品位炭の活用が重要と指摘し、設備や環境規制などの制約を克服することが必要とした。燃料費調整制度が低品位炭の利用拡大に適していない点も問題視した。
 エネ庁は「石炭マーケット研究会」を立ち上げ、2017年11月から18年4月にかけて非公開で4回会合を開いた。電力会社や鉄鋼会社といった買い手のほか、商社などの売り手が参加。「安定価格が常識だった石炭が近年高騰している」(エネ庁幹部)情勢を受け、官民が取るべき方策を議論し、報告書をまとめた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事