2018年8月22日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

照明や空調の省エネ、AIで最適化/きんでん、電設展に出展

2018/05/22  13面 

 きんでんは21日、東京大学生産技術研究所とゲーテハウス(東京都中央区、小野勘社長)が共同開発した人工知能(AI)システム「Arcrobo(アークロボ)」を採用した省エネ制御システムを、きんでん東京本社ビルの中央監視設備と連携し、実証試験を開始したと発表した。中央監視設備で得られたデータをAIクラウドで処理。最適な制御パターンを学習し、電気、空調、衛生の各設備を効率的に運用できるかなどを確認する。
 同社は建物の維持・管理業務で一層の効率化を図る観点から、AIを活用した最適化制御に着目。実証試験では、省エネ制御へのAIの導入で、その効果や室内環境への影響などを検証する。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事