2018年6月21日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

新潟知事選、柏崎刈羽再稼働が争点化か/姿勢類似、駆け引きに熱

2018/05/22  1面 

新潟県知事選への出馬を表明している花角英世(左)、池田千賀子の両氏
新潟県知事選への出馬を表明している花角英世(左)、池田千賀子の両氏
 米山隆一前知事の辞職に伴う新潟県知事選(6月10日投開票)の告示が24日に迫ってきた。自民、公明が支援する花角英世・元新潟県副知事、国政野党が支援する池田千賀子・新潟県議らが立候補を表明し、与野党の対立構図が強まりつつある。東京電力柏崎刈羽原子力発電所の再稼働については、花角氏、池田氏ともに前知事の「検証路線」を引き継ぐとともに、将来、脱原子力を目指す姿勢も一致する。現時点で主張に違いを見いだしにくく、選挙戦をにらんだ両者の発言が注目を集めそうだ。


 池田氏は20日の会合で、「『3つの検証』を丁寧に継続することについては、相手候補(花角氏)も私もかなり主張が似通っている」と語った。
 実際、この点について花角氏は15日に新潟県庁で行った出馬会見で、「枠組みを維持し、丁寧に議論を進めてほしい」と発言しており、互いのスタンスにほとんど違いは見受けられない。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事