2018年6月20日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

管路工事を大幅効率化/関電工が高機能掘削機

2018/05/21  9面 

道路の地下を横断する現場などで効果を発揮する管路掘削機
道路の地下を横断する現場などで効果を発揮する管路掘削機
 関電工は18日、電線を通す地中管路を効率良くくりぬいて形成する高機能掘削機を開発したと発表した。地質を問わず、土も埋設構造物のコンクリートも、一つの機械で掘り進められる。機材一式は従来よりコンパクトになり、掘進の起点となるマンホールなど狭い空間での使い勝手を高めた。
 掘削機の名称は「アリトンmini」。道路を地下で横断するような管路をつくるのに効果を発揮する。こうした管路は途上に土もあればコンクリートもある。土はシールドの刃をゆっくり回して掘り、コンクリートについては回転数を土の約5倍という高速回転にして掘進する仕組み。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事