2018年7月19日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

エネルギー/市場

東電HD、現場支援へ「MR」研究/空間上にデータ表示

2018/05/18  3面 

 東京電力ホールディングス(HD)は17日、AR(拡張現実)とVR(仮想現実)を応用して実現するミックスドリアリティー(MR、複合現実)を発電所などの第一線現場の業務支援などに活用する研究を、ポケット・クエリーズ(東京都渋谷区、佐々木宣彦代表)と共同で開始したと発表した。同社経営技術戦略研究所内で発電所などの実際の現場を模擬した空間にセンサーデータやマニュアルなどを重ねたMR空間を構築。点検や巡視などの現場業務の支援や、遠隔地からの直接指示などの業務高度化への活用ソリューションを試作し検証する。MRの活用研究は電力業界で初めて。東電HDでは研究開発や機能検証を進め、実用性が見込める機能については順次、実際の現場で実務を通し評価していく方針。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事