2018年5月25日金曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

新潟知事選、元副知事が立候補表明/原子力「検証を継続」

2018/05/16  2面 

新潟県知事選への立候補を表明する花角氏
新潟県知事選への立候補を表明する花角氏
 米山隆一前知事の辞職に伴う新潟県知事選(24日告示、6月10日投開票)を巡り、元新潟県副知事の花角英世氏が15日に県庁で会見を開き、無所属での出馬を表明した。花角氏は会見で選挙戦の焦点の一つである東京電力柏崎刈羽原子力発電所について、「前知事の時代につくられた(福島第一原子力発電所事故の)検証枠組みを維持し、丁寧に議論してほしいと考えている。将来的には原発に依存しない社会を目指したい」と抱負を述べた。
 花角氏は新潟県佐渡市出身。1982年に運輸省(現国土交通省)入省、13年4月~15年7月に新潟県副知事を務めた。同年9月から海上保安庁次長を務め、15日付で退職した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事