2018年5月25日金曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

大阪ガスなど4社、米ガス火力の株式取得/計81%、IPP参画拡大

2018/05/16  1面 

大阪ガスなど4社が新たに出資した天然ガス発電所
大阪ガスなど4社が新たに出資した天然ガス発電所
 大阪ガス、九州電力、双日、中国電力は15日、米国北東部のISOニューイングランド市場のクリーンエナジー天然ガス火力発電所(62万キロワット)の株式を取得したと発表した。同発電所は高効率のコンバインドサイクル方式を導入し、2011年7月に運開している。4社のうち、中国電力が米国IPP(独立系発電事業者)事業に参画するのは初めてとなる。
 4社は米国大手インフラファンドのアレス・イーアイエフ・マネジメント社が運営する投資ファンドの入札に個別に参加した。昨夏から2回の入札を経て、4社合計で81%分の株式を取得。出資比率は大阪ガスが24.3%、九州電力と双日が各20.25%、中国電力が16.2%。出資総額は数百億円規模。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事