2018年5月25日金曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

エネルギー/市場

スポット14日渡し、約定量4億キロワット時超え/1年余りで4倍に

2018/05/15  3面 

 日本卸電力取引所(JEPX)が運営するスポット市場で、14日受け渡し分の約定量が初めて4億キロワット時を超えた。大手電力による「グロス・ビディング」の進展が牽引し、1年前に比べて約定量は4~5倍に増えた。足元では、沖縄を除く全国9エリアの需要電力量の2割弱がスポット市場からの調達分で賄われている。
 約定量は4億160万9500キロワット時で、4月26日以来18日ぶりに過去最高を更新した。全国的に晴れて太陽光発電量の増加が見込まれ、売り札量は約5億7千万キロワット時と潤沢。市場価格の値頃感が強まり買い札量も約5億5千万キロワット時と旺盛で、売買入札量の約7割が約定した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事