2018年5月25日金曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

明電舎新中計、成長事業に重点投資/20年度売上高2800億円へ

2018/05/15  4面 

 明電舎は14日、2020年度まで3年間の中期経営計画を発表した。海外事業や自動車関連事業など市場の拡大が見込まれる事業を「成長事業」と位置付け、積極的に経営資源を振り向ける。「新たな成長事業」として、半導体製造装置向け事業の規模拡大に向けて投資する。20年度目標は売上高が17年度実績比16%増の2800億円、営業利益が同24%増の140億円、純利益が同34%増の94億円。営業利益率は5%に引き上げる。
 新中計のコンセプトは「飛躍に向けた『力強いステップ』」。新中計の「ステップ」に続く「ジャンプ」の期間に事業拡大を進めると同時に、均衡の取れた事業構成にして利益率を高める「質の高い」成長を実現するため、積極的に投資などの施策を打つ。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事