2018年6月21日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

科学的特性マップ説明会、5カ月ぶりに大阪で再開/NUMO

2018/05/14  2面 

テーマ別に行われたグループ質疑の様子
テーマ別に行われたグループ質疑の様子
◆反省踏まえ直営で開催
 原子力発電環境整備機構(NUMO)は10日夕、経済産業省・資源エネルギー庁との共催で、地層処分の理解促進活動として「科学的特性マップ」に関する対話型説明会を大阪市の梅田スカイビルで開催した。2017年に意見交換会の開催を巡り、不適切な形で参加者を募集していた問題が発覚し、NUMOは同説明会を一時中断。今回、その反省を踏まえた対話活動改革アクションプランに基づき、約5カ月ぶりに再開した。直営で実施し、当初28人の参加予定だったが、16人が来場した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事