2018年5月24日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

エネルギー/市場

東電EP、栃木の水力プランが好評/販売量、目標の2.5倍に

2018/05/11  3面 

6社の代表が栃木県の福田知事(前列左から2人目)から認証票を交付された
6社の代表が栃木県の福田知事(前列左から2人目)から認証票を交付された
 東京電力エナジーパートナー(EP)が栃木県の県営水力発電所を活用し、県内企業に提供する地産地消の電気料金プラン「とちぎふるさと電気」が好調なスタートを切った。初年度の2018年度は当初の販売目標1千万キロワット時に対し、2500万キロワット時分の契約が決まり、4月1日から電力供給が始まった。
 東電EPと栃木県企業局が17年11月にプランを発表し、4月の供給開始に向けて申し込みを受け付けていた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事