2018年6月21日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

富士電機、50キロワット級SOFC発売/業務用燃料電池を拡充へ

2018/05/11  4面 

 富士電機は10日、50キロワット級の業務用固体酸化物型燃料電池(SOFC)を2018年度内に発売すると発表した。同社は1998年から熱回収効率に優れた100キロワットのリン酸型燃料電池(PAFC)を販売している。今回は発電効率が55%と高いSOFCの開発にもめどを付け、業務用燃料電池の製品群を拡充する戦略だ。SOFCの目標価格は5千万円。ホテルや病院などに提案し、PAFCと合わせて2018年度に20~30台、23年度に50台の販売を目指す。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事