2018年6月21日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

シーメンス、電力・ガス機器部門の工場操業を一時停止/GT需要低迷で

2018/05/09  1面 

 独シーメンスは7日(現地時間)、電力・ガス機器部門の工場の操業を全世界で一時停止すると発表した。ガスタービンの需要が停滞していることを踏まえたコスト削減策の一環。同部門の生産拠点が日本にはないため、今回の決定は日本法人に影響が及ばないという。
 操業の一時停止は今月下旬に始まる見込み。各国の規制などを踏まえて具体的な実施内容を決める。シーメンスは、かつてない勢いで電力・ガス機器市場が落ち込んでいるため、操業の一時停止を決断したと説明している。操業停止は今四半期(4~6月)中に全世界の拠点に適用し、7日間続く見通しだという。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事