2018年5月24日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

三菱重工中期経営計画、売上高5兆円狙う/MHPS人員、30%削減へ

2018/05/09  4面 

会見で新中期経営計画の内容を説明する宮永社長
会見で新中期経営計画の内容を説明する宮永社長
 三菱重工業は8日、2020年度まで3年間の中期経営計画(2018事業計画)を発表した。売上高は旧中計で届かなかった5兆円を改めて目標に掲げた。パワー部門のうち子会社の三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は脱炭素志向やデジタル化の潮流に対応しながら、O&M(運用・保守)などサービス事業を拡大。配置や職種の転換によってMHPSの人員を21年度以降に30%削減する構想も示した。
 新中計で5兆円を狙う理由について、宮永俊一社長は8日の会見で「総資産や雇用の安定性、組織の活性化を考えると、だいたい5兆円」と説明した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事