2018年5月20日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

特集

[特集]九州電力・防災の取り組み

2018/04/27  10面 

◆教訓踏まえ復旧力磨く
 九州電力は非常災害対応に当たって、情報連絡、復旧対応や顧客対応などの体制を確認する目的で、毎年全社大の総合訓練を実施するほか、「非常災害情報システム」を活用して社内外へ各種情報を発信する仕組みを整えている。さらに、毎年の台風での対応実績や、2016年の熊本地震、17年の九州北部豪雨の際の教訓を踏まえ、復旧対策の改善を図っている。その一環として、自衛隊や関係自治体・団体などとの連携を強化。今後発生の可能性が極めて高い、南海トラフ巨大地震への備えも本格的に始めている。本特集では、大規模非常災害時の対応能力の一層向上を目指す、同社の多様な取り組みを、防災部門を担当する千田善晴執行役員・ビジネスソリューション(BS)統括本部地域共生本部副本部長兼部長(危機管理)兼社長室部長のインタビューを交えて紹介する。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事