2018年5月20日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

特集

[特集]四国電力・原子力保安研修所

2018/04/25  11面 

◆伊方を支える“人”育む
 四国電力の原子力保安研修所(堀田宏司執行役員・所長)は、原子力に携わる“人”を育てる拠点。1986年11月に設置され、30年を超す歴史がある。伊方発電所の所員を対象に運転訓練や保修訓練を行い、プラントの安全を支える技術・知識の維持向上を図っているほか、設備や運転に関する安全研究にも取り組んでいる。人材育成や技術継承は一朝一夕にはいかない。実直な取り組みを継続し、新たな歴史を一歩一歩積み上げている。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事