2018年5月21日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

東電EP、新電力と小売り合弁設立/20年度、150万件狙う

2018/04/25  1面 

新会社のロゴを掲げる(右から)東電EPの田村常務取締役、新会社の田中社長、パネイルの名越社長(24日、東京・内幸町)
新会社のロゴを掲げる(右から)東電EPの田村常務取締役、新会社の田中社長、パネイルの名越社長(24日、東京・内幸町)
 東京電力エナジーパートナー(EP)と新電力のパネイル(東京都千代田区、名越達彦社長)は24日、全国で電力・ガスの販売を行う新会社を共同出資で立ち上げ、5月からサービス提供を順次始めると発表した。2020年度末までに150万件の電力契約獲得を目指す。家庭向けの割安料金だけでなく、全国の不動産管理会社向けに、複数のマンション契約に一括対応できる新サービスを打ち出し、他社との差異化を図る。
 両社がパネイルの電力小売り子会社に追加出資する形で、4月2日に合弁会社「PinT」を立ち上げた。資本総額は8億円で、出資比率は東電EPが6割、パネイルは4割。本社は東京都千代田区で、社長には東電EPの田中将人氏が就いた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事