2018年6月21日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

関電工が初の木質バイオ発電所/前橋に完成、6750キロワット

2018/04/25  15面 

関電工初となるバイオマス発電所の外観
 関電工初となるバイオマス発電所の外観
◆間伐材など有効利用
 関電工は24日、群馬県前橋市で建設を進めてきた最大出力6750キロワットの前橋バイオマス発電所の完成披露式を開いた。群馬県内の未利用間伐材などを燃料に使って発電し、FIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)を利用して東京電力に売電する。年間約12億~13億円の収入を見込む。同日は後藤清会長、森戸義美社長ら約40人が出席し、無事故無災害での完成を祝った。
 同社初の木質バイオマス発電事業で、木質専焼のバイオマス発電所としても群馬県内初となる。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事