2018年5月24日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

事業用太陽光、長期稼働へ評価指針/JPEA、設備設計など記載

2018/04/23  4面 

 太陽光発電協会(JPEA、平野敦彦代表理事)は、事業用太陽光発電所を長期・安定的に稼働させるための評価指針を策定する。発電設備・基礎・架台の適切な設計や、土地利用の手続きなどに関する評価ポイントを盛り込む。早ければ5月にも策定する。太陽光発電の急速な拡大に伴い不適切な設計・施工事例も散見される中、FIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)に頼らない再生可能エネ電源の自立化と、長期安定稼働を促す考えを経済産業省が示したことに対応する。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事