2018年7月19日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

建築物の省エネ基準適合率/住宅で低調、理解進まず

2018/04/20  7面 

◆国交省調査/設計者の習熟度も課題に
 国土交通省はこのほど、住宅・建築物の省エネルギー基準の適合状況や建築物省エネ法の施行状況を巡る調査結果を取りまとめた。2015年度時点で住宅・建築物の規模別省エネ基準適合率は建築物全体で93%に達したものの、住宅は46%にとどまった。住宅の省エネ基準適合率が建築物と比べて低い要因として、建築主や居住者の省エネ性能向上に対するメリットの理解不足、設計者・施工者の省エネ技術の習熟度不足を挙げている。
 取りまとめは国交省の「住宅・建築物のエネルギー消費性能の実態等に関する研究会」(座長=坂本雄三・東大名誉教授)が公表。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事