2018年7月19日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

系統増強費一般負担の上限見直し早期に/北東北の風力、上昇可能性高く

2018/04/20  1面 

 経済産業省・資源エネルギー庁と電力広域的運営推進機関(広域機関)は、電源接続に伴う系統増強工事の一般負担上限額を各電源一律にする案について、決定次第、速やかに施行する方向だ。再生可能エネルギー発電事業者が足元の自己負担の大きさを訴えていることが要因。洋上・陸上風力の上限額は従来比2倍程度の1キロワット当たり4万1千円に上がる。風力の接続希望が大半を占める北東北の電源接続案件募集プロセスでは、一般負担額が実際に上昇する可能性も高い。
 一般負担の上限額見直しは、小売電気事業者が全額支払っている託送料金の固定費を発電事業者にも振り分ける発電側基本料金とセットで導入される見込みだが、先行して実施する。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事