2018年5月21日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

特集

[特集]日本電気協会・設備認定業務

2018/04/18  7面 

◆キュービクル推奨・認定制度(1)
 ◇公的認定でメリット多々/設置時検査の一部省略も
 電気事業者から高圧受電した電気を低圧に変え、建築物内の照明やエレベーターなどの電源となる電気設備一式を金属箱に収めたものが「キュービクル式高圧受電設備」だ。消防法では、災害時に電源を必要とする消防用設備には非常電源を設置することを義務付けているが、その一つに、「キュービクル式高圧受電設備」に消防庁告示基準を加えた「キュービクル式非常電源専用受電設備」がある。日本電気協会は消防法に基づく登録認定機関となっており、「キュービクル式非常電源専用受電設備」の認定業務を1976年から実施してきた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事