2018年6月21日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

米コーブポイントLNGが商業運転開始/年230万トン輸出計画

2018/04/17  1面 

商業運転を開始したコープポイントLNGプロジェクト
商業運転を開始したコープポイントLNGプロジェクト
 東京ガスと住友商事、関西電力は16日、米国メリーランド州コーブポイントLNG(液化天然ガス)プロジェクトが9日に商業運転を開始したと発表した。関電と東ガスは20年間、計約220万トンのLNGを同プロジェクトから受け入れる。長期契約に基づくシェールガス由来のLNGの受け入れは国内で初めて。3社の首脳は12日、新設された天然ガス液化プラントを視察した。
 同プロジェクトは、「ドミニオンエナジーコーブポイントLNG」の操業する天然ガス液化プラントに、東ガスと住友商事が設立した「STコーブポイント」が液化加工を委託し販売する。液化する天然ガスは住友商事の全額出資子会社が調達し、年間約230万トンのLNGを20年間にわたって輸出する。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事