2018年6月21日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

福島・南相馬に東北最大級の太陽光運開/東芝など建設

2018/04/17  4面 

東北最大級となる5万9900kWの太陽光発電所
東北最大級となる5万9900kWの太陽光発電所
◆発電出力5万9900キロワット
 東芝エネルギーシステムズと大成建設がEPC(設計・調達・建設)を手掛けた東北地方最大級の太陽光発電所がこのほど商業運転を開始した。住友商事が福島県南相馬市の真野・右田・海老地区で開発したもので、発電出力は5万9900キロワット。みずほ銀行を幹事行として組成した金融機関団が特別目的会社(SPC)への融資を実行している。
 同発電所は南相馬市が所有する東日本大震災の被災地を活用。約110ヘクタールの敷地に約22万枚の太陽光パネルを設置した。総事業費は約220億円。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事