2018年4月23日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

福島第一、燃料デブリ分布把握へ技術開発加速/年度内に追加調査

2018/04/16  1面 

◆IRIDが計測装置など検討

 国際廃炉研究開発機構(IRID)は、東京電力福島第一原子力発電所1~3号機の溶融燃料(燃料デブリ)の分布を従来よりも高精度に調べるロボットアームなどの技術開発を本格化させる。政府は2018年度中にも、格納容器内部の追加調査を実施する目標工程を掲げている。IRIDは、原子炉格納容器内部を広範囲に移動するロボットアーム、燃料デブリが発する中性子を計測する小型中性子検出器などの開発を急ぎ、18年度中に調査準備を整える。 



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事