2018年4月23日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

三菱電機、統合型セキュリティー防御システムの開発着手

2018/04/13  4面 

◆マカフィーと連携、発電所向けに
 三菱電機は12日、原子力発電所などの制御システム向けに「統合型セキュリティー防御システム」の開発に着手すると発表した。情報セキュリティー大手のマカフィーと連携。同社が提供するデータを活用し、制御システムに対する高度なサイバー攻撃を早期に検知して防御する。今後は検知アルゴリズムの開発と検証やシステムのパッケージ化を進め、2020年に発電所制御システム向けとして実用化を目指す。
 近年はサイバー攻撃が増加するだけでなく高度化している。攻撃対象もパソコンなどのITシステムに限らず、従来は攻撃を受けにくいと思われていた発電所や送変電設備などの制御システムにも広がってきた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事