2018年4月23日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

関西電力、大飯4号機で重大事故訓練を開始/2基被災と想定

2018/04/13  1面 

可搬型ホースを運搬する訓練参加者(12日)
可搬型ホースを運搬する訓練参加者(12日)
 関西電力は12日、大飯発電所4号機の再稼働前に必要となる重大事故対応訓練を開始した。炉心溶融を想定し、新規制基準で設置した設備を使って原子炉格納容器の破損を防止する訓練などを行っている。大飯3、4号機の同時発災により、交錯する可能性がある作業への対応も確認。訓練は原子力規制庁の検査官の立ち会いの下、きょう13日まで行われる。
 原子炉等規制法(炉規法)に基づき、新規制基準施行後の初回の原子炉起動前に、国の検査を受ける必要がある。実時間ベースの実動訓練を行い、事業者が保安規定で定めた手順に沿って、定められた時間内に適切に対応できるかを検査している。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事