2018年4月19日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

安全審査、女川2号の中央制御室分離を表明/竜巻影響評価も議論

2018/04/13  2面 

 原子力規制委員会は12日に開いた第564回審査会合で、東北電力女川原子力発電所2号機を取り上げた。1号機との中央制御室の共用などついて議論。これまでは同じフロアにあり、双方の要員が自由に往来できていたが、発電課長の育成にめどが付いたことなどから、東北電力が壁を設け、物理的に部屋を分離する方針を表明した。それぞれの指揮命令系統を独立させ、1、2号機の同時発災に備えたい考え。
 東北電力は女川2号の審査申請時、トラブル発生時のサポートが可能などとして、1、2号機の中央制御室を共用する方針を申請書に記載していた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事