2018年4月19日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

エネルギー/市場

エネチェンジとサミット、欧の新興企業と提携プログラム

2018/04/12  3面 

都内で会見したエネチェンジの城口会長(左)とサミットエナジーの小澤社長
都内で会見したエネチェンジの城口会長(左)とサミットエナジーの小澤社長
◆「新たな知見、欧で探索」 
 エネチェンジ(東京都千代田区、有田一平社長)とサミットエナジー(東京都千代田区、小澤純史社長)は11日、欧州のベンチャー企業と提携するプログラムを開始すると発表した。日英両国を拠点とするエネチェンジグループのネットワークを生かし、「自由化先進国」から、脱炭素社会やデジタル化の流れに対応するための新しい知見を取り込む。専用ウェブサイトを通じて募集したベンチャー企業の中から最終的に2社を選定し、9月に報告会を開く予定だ。
 プログラムの名称は「ジャパン・エナジー・チャレンジ」。両社に加え、新電力のJXTGエネルギー、東京ガス、Looop、ネクストエナジーの計6社が参加する。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事