2018年6月21日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

整備進む電動車充電器/2万基超のネットワーク構築

2018/04/12  4面 

NCSのネットワークに属し充電カードで利用できる急速充電器
NCSのネットワークに属し充電カードで利用できる急速充電器
◆“利用マナー”が重要課題に
 電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)といった電動車用充電器の整備が進んできた。自動車メーカーと電力会社、日本政策投資銀行が出資する日本充電サービス(NCS)のネットワークに属する充電器が今年2月に2万基を突破したからだ。充電器の整備が進み、出先で「電欠」に陥る心配はかなり減るだろう。電動車の普及を後押しする要因になる一方、電動車が増え続けると充電器の利用マナーも重要な課題になりそうだ。
 電動車は出発前に自宅などで充電するのが基本。ただ充電器の整備状況が分からない場合、出先でガス欠ならぬ「電欠」に陥らないかと不安を感じて電動車の購入をためらう人もいるだろう。その不安を解消するには、誰でも利用できる公共用充電器の整備拡大が欠かせない。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事