2018年6月23日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

仙台市内の石炭火力計画、四国電力が撤退表明/住友商事は検討継続

2018/04/11  1面 

 四国電力は10日、住友商事と共同で検討していた仙台市での石炭バイオマス混焼発電所計画から撤退すると発表した。昨年3月に環境影響評価手続きを開始していたが、当初の想定に比べて事業採算性が厳しく、これ以上検討しても投資判断を行うのは難しいと判断した。住友商事は引き続き検討を進める。
 仙台塩釜港の工業専用地域に、石炭と木質バイオマスを混焼する「仙台高松発電所(仮称)」の建設を検討していた。撤退の理由については「各種事業費用の検討の結果」とした。一例として、建設費の高止まりが続き、予定していたほどのコストダウンがかなわなかったことを挙げた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事