2018年6月23日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

[原産大会]国際原子力市場を展望/日露中韓メーカー関係者ら議論

2018/04/11  2面 

プラントサプライヤーの海外進出をテーマとしたセッション。活発な質疑が交わされた
プラントサプライヤーの海外進出をテーマとしたセッション。活発な質疑が交わされた
 10日に開かれた第51回原産年次大会2日目のセッションでは、プラントサプライヤーの海外展開などについて議論が行われた。日立製作所、三菱重工業のほか、中国、韓国の関係者も登壇。最新炉型の建設状況や海外展開戦略を説明した。日立GEニュークリア・エナジー原子力国際技術本部の吉村真人本部長は、「長期にわたり人材を確保することが重要で、そのためには原子力事業がそれなりの規模で見通せなければならない」と強調。長期的なビジョンを持つためにも「海外事業に取り組む必要がある」と述べた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事