2018年4月23日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

エネルギー/市場

工事負担金未払いの電源、系統接続を原則拒否/広域機関

2018/04/10  3面 

 一般送配電事業者が発電事業者の電源の系統接続を承諾して系統の容量を確保したものの、発電事業者が系統増強工事費を負担する契約の締結期限が過ぎたり、負担金を払わないために容量を取り消す手続きについて、電力広域的運営推進機関(広域機関)は送配電等業務指針を改正し、手続きを標準化する。現行指針では取り消すかの判断をしにくいという実態が、経済産業省・資源エネルギー庁との調査で判明したため。標準化とともに、負担金の未払い時などは接続拒否を原則とする方向へ改正する。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事