2018年4月19日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

原産大会が開幕/今井会長、再エネとの「共存」訴え

2018/04/10  1面 

大会冒頭にあいさつする今井会長(9日、東京都千代田区)
大会冒頭にあいさつする今井会長(9日、東京都千代田区)
 日本原子力産業協会が主催する「第51回原産年次大会」が9日、東京都千代田区の都市センターホテルで開幕した。今年のテーマは「原子力が未来を担うエネルギーたり得るには」。エネルギーの安定供給や地球温暖化防止、社会経済の安定・発展など、原子力がそのポテンシャルを最大限発揮するために何が必要かを議論した。初日は海外ゲストの講演や、「S+3E」を巡って国内外の有識者によるディスカッションが行われた。大会はきょう10日まで開催される。
 所信表明で原産協会の今井敬会長は、衆議院に提出されたいわゆる「原発ゼロ基本法案」に触れ、「現実的でない」と批判。地球環境問題と向き合いながら、安定的に電力を利用するためには「再生可能エネルギーと原子力の共存が不可欠」と訴えた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事