2018年4月22日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

2017年度のスポット取引、約定量586億キロワット時に

2018/04/06  1面 

◆新電力が躍進、約定率上昇/グロス・ビディング効果も
 日本卸電力取引所(JEPX)のスポット市場で、2017年度の約定量が前年度比2.5倍の585億9267万5千キロワット時に達した。新電力の躍進と大手電力による「グロス・ビディング」の相乗効果で、売買入札量が拡大した。燃料価格ほど市場価格は上昇せず、入札に対する約定率が高まった。
 売り札量は同4割増の1391億3084万1千キロワット時、買い札量は同9割増の1143億7714万500キロワット時。年度末にかけて右肩上がりで拡大した。約定しやすい価格の売り札が増加し、売り札の約定率は前年度の2割から4割、買い札の約定率は4割から5割に上昇した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事