2018年4月19日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

交渉業務に「茶道の心」/中電配電サポート、新入社員研修で初の試み

2018/04/06  33面 

茶道体験を通じて感謝や思いやりの精神を学んだ
茶道体験を通じて感謝や思いやりの精神を学んだ
 中部電力グループの中電配電サポート(名古屋市、大石悦郎社長)は2018年度新入社員の集合研修で、一風変わった教育を取り入れている。「お茶によるこころの種まき講座」と題し、茶道を体験しながら人の気持ちを学ぶもの。中部電力OBの今井肇さんが講師となり、茶道を通じて「思いやり」や「感謝」の心をあらためて学んだ。同社が研修で茶道を取り入れたのは、今回が初めて。
 同社は2~13日にかけて、新入社員9人の集合研修を実施。社外講師による講義やグループワークなどを通じて、社会人としての基礎を学んでいる。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事