2018年4月23日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

地域

福島・富岡町のイノシシ、ドローンで生育調査/東電HD

2018/04/06  5面 

 東京電力ホールディングス(HD)福島復興本社は福島第一原子力発電所事故で昨年3月まで全町避難が続いてい

ドローンに搭載した赤外線カメラが捉えた水田の画像。中央左と中央右のやや上寄りに映る黒い点がイノシシ(東電HD提供)
ドローンに搭載した赤外線カメラが捉えた水田の画像。中央左と中央右のやや上寄りに映る黒い点がイノシシ(東電HD提供)
た福島県富岡町で、ドローンを活用したイノシシの生息状況調査を開始した。3月13日夜に実施した実証試験で約30ヘクタール範囲を調査し、イノシシ約20頭の生息を確認した。調査は今後も継続し、住民の生活環境に影響を与えているイノシシの生息地をまとめた地図の作製をはじめ、効果的な獣害対策に役立てる。
 実証試験は、町側が把握している目撃情報などを基に調査エリアを選定した。まずは12日昼間に事前調査を行い、ドローンの飛行経路を確認した。
 翌13日夜に再びドローンを飛ばして、機体に搭載した赤外線カメラで夜行性のイノシシが活動する姿を捉えた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事