2018年4月19日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

中国電力・基幹給電制御所新システムが運開

2018/04/04  2面 

テープカットを行う関係者。左から2人目が松岡送配電カンパニー長
テープカットを行う関係者。左から2人目が松岡送配電カンパニー長
◆各制御所とソフトを一体化
 中国電力は3日、旧システムの経年化に伴い基幹給電制御所(基幹給、岡山市)に導入した新システムの運用を開始し、現地で運開式を行った。新たに使用するデータベースは、各電力所にある制御所のシステムと一元化。保守管理を容易にし、業務の効率化に貢献する。さらに、現行の制御所のソフトウエア資産を流用することで開発コストも抑えた。
 運開式には、松岡秀夫取締役・常務執行役員・送配電カンパニー長や基幹給の高橋知宏所長、施工会社3社の関係者など11人が出席。新システムの運開を祝った。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事