2018年4月19日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

「循環型事業」に変革/東芝、5年間の経営計画策定へ

2018/04/04  4面 

 1日に東芝の会長兼最高経営責任者(CEO)に就いた車谷暢昭氏は3日、2017年度決算を踏まえ、短中期的な収益力強化策を含む目先の経営施策を速やかに公表する考えを示した。19年度から5年間の本格的な経営計画も年内に発表する。足元では原価低減に注力して基礎的な収益力を向上。長期的には事業の選択と集中を進めながら、デジタル技術を用いたメンテナンスなどの安定収益事業を軸とした「リカーリング(循環)型事業」への変革を目指す。
 電気新聞などの取材で3日に明らかにした。車谷会長は「時間はかかるかもしれないが、製造業に基盤を置いたサービス・ソリューション型ビジネスへの変革を図る」と抱負を述べた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事