2018年4月22日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

地域

[北から南から]ほたるいかミュージアム/富山県滑川市

2018/04/03  5面 

生きたホタルイカに触れることができるコーナーも
生きたホタルイカに触れることができるコーナーも
◆神秘の「発光ショー」にため息
 今年もホタルイカのシーズンがやって来た。富山湾は3月に漁が解禁され、刺し身でも食べられるようになった。ホタルイカは主に日本海を回遊しており富山県外でも漁獲できるが、富山湾産は丸々と太っているのが特徴だ。産卵のため群れをなして富山湾に押し寄せるため、ほとんどが卵を持ったメスなのだという。
 胴長5~7センチメートルで重さ10グラムと小さく、見た目がかわいらしい。そして、その名の通り発光する。天敵を威嚇するためとも仲間とコミュニケーションをとるためともいわれている。ほのかに青い“神秘の光”を間近で見ることができるのが「ほたるいかミュージアム」(富山県滑川市)だ。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事