2018年4月22日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

脱炭素化へ複数シナリオ/2050年エネ戦略、エネ情勢懇が素案

2018/04/02  1面 

 経済産業省は3月30日の有識者会合で、2050年を見据えたエネルギー戦略の素案をまとめた。不確定要素に備え、あらゆる電源・技術を組み合わせた複数シナリオで柔軟性を担保。再生可能エネルギーを「自立した主力電源」と位置付け、原子力は将来的なゼロエミッションの達成に必要な選択肢として、依存度は下げつつも堅持する。4月に提言として取りまとめ、経産相に報告した上で、エネルギー基本計画の見直し検討に生かす。
 同日の「エネルギー情勢懇談会」で事務局が示した。素案では脱炭素化や再生可能エネの価格下落といった世界規模のエネルギー転換に伴い、不確実性も高まっているとし、一つの手段に限定されない複眼的シナリオの必要性を打ち出した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事