2018年4月22日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

ブロードバンド地域別満足度調査/電力系が5エリアで首位

2018/04/02  4面 

 顧客満足度調査の国際専門機関J・Dパワーアジア・パシフィック(東京都港区、鈴木郁社長)がこのほど発表した2018年の日本固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査によると、全国9エリアのうち5エリアで電力系通信会社が首位を獲得した。
 東海エリアは中部テレコミュニケーションの「コミュファ光」が2年連続の総合満足度第1位。「通信品質」「各種費用」「各種提供サービス」の3項目最高評価を得た。
 関西・北陸エリアはケイ・オプティコムの「eo光ネット」が2年連続の総合満足度第1位。「通信品質」「各種費用」「各種提供サービス」「サポート」の全項目で最高評価だった。
 中国エリアはエネルギア・コミュニケーションズの「メガ・エッグ光ネット」が2年連続の総合満足度第1位。「各種費用」「各種提供サービス」「サポート」の3項目で最高評価を得た。
 四国エリアはSTNetの「ピカラ光ねっと」が2年連続の総合満足度第1位。「通信品質」「各種費用」「各種提供サービス」「サポート」の全項目で最高評価だった。
 九州エリアはQTnetの「BBIQ光インターネット」が2年連続の総合満足度第1位。「通信品質」「各種費用」「各種提供サービス」の3項目で最高評価だった。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事