2018年4月22日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

中部電力・西名古屋7―2号、営業運転入りで総合運開に

2018/04/02  2面 

7ー2号が営業運転を始め、総合運開した西名古屋火力7号系列
7ー2号が営業運転を始め、総合運開した西名古屋火力7号系列
◆高効率、計237万kW
 中部電力は3月30日、西名古屋火力発電所7―2号(LNG、118万8200キロワット)が営業運転を開始したと発表した。7―1号(同)が昨年9月末に運開しており、着工から約4年3カ月での総合運開。両ユニット合わせた出力は237万6400キロワット。多軸式コンバインドサイクル発電方式を採用し、世界最高の発電効率を実現した。同社の競争力を支える新戦力として、重要な役割を担う。
 7号系列は2013年12月に着工。既設設備の撤去工事と並行して建設が進められた。7―2号は17年10月に試運転入り。トラブルもなく、予定通りの総合運開となった。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事