2018年4月22日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

利益目標未達の可能性/JERA・25年度収支見通し

2018/03/28  1面 

 東京電力フュエル&パワー(F&P)、中部電力と両社の合弁会社JERAは27日、2025年度のJERAの連結純利益が2千億円程度になるとの収支見通しを公表した。16年2月に公表した事業計画では、25年度の利益を2200億円程度と見込んでいたが、未達の可能性が出てきた。国内外の燃料・火力事業を取り巻く環境変化を踏まえ、保守的な見通しとして提示したものだが、厳しい想定が今後波紋を広げそうだ。
 東電F&Pと中部電力は2月27日、燃料・火力事業のJERAへの統合の最終ステップとして、国内の既存火力発電事業を19年4月にJERAに統合することで合意した。事業統合に伴い、19年度時点のJERAの総資産は17年度比で約3.4倍の3兆7千億円に膨らむ見通しだ。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事