2018年4月22日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

第5次エネ基本計画、再エネ「主力」に位置付けへ

2018/03/28  2面 

◆原子力は脱炭素へ重視
 今夏にもまとまる予定の第5次エネルギー基本計画の方向性が見えてきた。再生可能エネルギーを初めて「主力電源」と位置付け、コスト削減や長期にわたって安定的に発電できるような環境整備を推し進める。系統制約の緩和に向けた取り組みも講じる。一方、原子力は引き続き「重要電源」とするなど、現行の枠組みが維持される見通し。2030年度の電源構成(エネルギーミックス)には踏み込まない公算が大きい。
 26日の総合資源エネルギー調査会(経産相の諮問機関)基本政策分科会(分科会長=坂根正弘・コマツ相談役)で、方向性が示された。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事