2018年4月22日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

特集

[特集]日本の電力流通・第4回「送電の人材・鉄塔受注の動向」

2018/03/26  7面 

◆施工力確保、より一層重要に
 架空送電線工事で工事量の増加傾向とともに施工力の減少が鮮明になっている。連系線増強やリニア新幹線、再生可能エネルギー導入に伴う新設とともに、経済成長期に建設した既設送電線の更新期も迎えつつあり、工事量は確実に増えている。一方で人口減少や高齢化に伴う人員減が予想され、工事会社、メーカーともに人材確保による技術力の維持に力を注ぐ。今年度上期を対象にまとめた送電線建設技術研究会による技術員と高所作業員、日本鉄塔協会による鉄塔受注の各推移を紹介する。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事